沖縄県 保険の相談を承ります。ビジネス、そして人生における良きパートナーを目指して!

HOME > 建設業の皆様 > 第三者賠償責任保険

第三者賠償責任保険

各種請負工事の遂行による事故から完成引渡し後の工事の結果による事故まで、貴社が第三者に対して負担する法律上の損害賠償責任を包括的に補償します。

こんなとき保険金をお支払いいたします

ビル建設工事中、鉄材を落下させてしまい、下の道路を歩いていた通行人の男性に当たり、この男性が死亡してしまった。(損害額8,500万円) 建設後1年ほどしてタイル張り外壁が崩れ、通行中の主婦にタイルが落下し、頭部裂傷を負わせた。(損害額320万円) 施設の管理が甘く、常設資材置場に子供が入り込みショベルカーに乗り遊んでいるときに、ショベルカーが転倒し、大ケガを負わせた。(損害額750万円)
[注]自賠責保険・自動車保険の上乗せ補償となります。

この保険の特長

  1. 賠償リスクをまとめて保証
    工事の遂行、業務用施設の所有・管理、工事引渡し後の工事の結果に起因する対人・対物事故による賠償責任を包括的に補償します。
  2. 従来にない賠償リスクも保証
    財物損壊を伴わない第三者の財物の使用不能、人格権侵害、貴社の宣伝活動に伴う著作権侵害、対人・対物事故による工事遅延など従来では補償されなかった賠償責任も補償します。
  3. 下請負人・発注者の賠償責任も保証
    貴社の下請負人および貴社が元請負人となる工事の発注者が負担する対人・対物事故に起因する賠償責任も補償します。
  4. すべての工事をまとめて補償
    貴社の行う工事を1年間まとめて補償するため個別に保険を手配する必要がありません。
  5. シンプルな契約方式
    原則として貴社の直近会計年度(1年間)の税込売上高総額でご契約いただき、その場合は保険期間終了後の保険料の精算は不要です。
  6. 保険料は全額損金処理できます。

保険金をお支払い出来ない主な場合

  • 保険契約者、被保険者の故意による損害
  • 損害賠償に関する特別の約定により加重された賠償責任
  • 自動車(工事場/施設内の建設用工作者・施設内の構内専用車を除く)の所有・使用・管理による賠償責任
  • 地下工事、基礎工事等に伴う土地の沈下、振動、軟弱等による賠償責任
  • 工事に使用される機械、器具、道具類および材料、資材、部品類に対する賠償責任
  • 工事の対象物のうち、損害発生時に直接作業が加えられていた部分に対する賠償責任※
  • 生産物・工事の結果自体に対する賠償責任※

など・・・
※特約のセットにより、損害の一部を補償することが可能です。

お問い合わせ・資料請求